忍者ブログ
ここは、素人おばちゃん飼い主sakuと、sakuに飼われなければ優秀であったろうボクサー犬フォルテの訓練日誌です。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[02/11 具志堅一家]
[02/10 matsumama]
[02/10 saku]
[02/10 matsumama]
[02/09 saku]
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
saku
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日のレッスンでの事。
防衛の訓練を始めたのはご存知かと思いますが、1年間やってきて、その後1年近くなにもやっていなくても、犬がちゃんと覚えている事に驚く。
まあ、悪い癖も覚えてるのだけども。

吠える事も、片袖を噛む事もできなかったのが、柔らかいとはいえ、タグや片袖を持ち出せば、自分が何を要求されているか自覚して、自分から行動する犬っちゅうのは、すごいね。

そのおかげで飼い主、筋肉痛だけんどもね。

それはそれとして。

昨日のレッスンでは、バスターの飼い主さんも来てくれていて、愛咲のことなど色々相談に乗ってもらって、とってもうれしかったのだが、そのママさんのお子さん、幼稚園だと思うのだが、女の子と男の子が、元気に遊んでいたの。

その下の男の子が、トレーナーを着ていて、袖を振りながらフォルテの前を走ったときに、フォルテがつられるように、その子のトレーナーの袖を追いかけようとした。

以前の防衛訓練というのは、犬の恐怖感をあおっての攻撃という面を強化しているものだったらしいが、今の訓練は犬の遊びと物欲を強化する訓練だ。

つまるところ、遊びな訳で、特に危険意識があるわけでもない普通の状態で、目の前を片袖もどきが通過すれば、反射的に噛んでしまう事がある。
犬としては攻撃ではなく、ここを噛めと教えられているものが、目の前を通過したら、噛んでしまう事もあるということだ。

これは通常の状況でも充分起こりうることで、子供にも犬にも責任が無い状態で、事故が起こる可能性があるということだ。

子供はそういう動きをするという事を、飼い主がしっかり注意して、常にそのような事が起こらないように、犬を監視する必要があるということを、自覚した昨日だった。


しかし、今まで3年くらいの間に、1回だけというトレーナーも含めて、5人のトレーナーに教えてもらっているし、未だに3人のトレーナーについている訳だけども。
どのトレーナーも細かい。
犬のお尻の位置が5センチずれていても、直される。
というより、直すように指示される。
さらにいうと、飼い主が常時直せるかどうかが上達するかどうかの鍵なんだなあと思う。

家庭犬としての問題矯正ではなく、競技会用訓練というのはそういう物なのだ。

そして一番大事なのは継続すること。
競技会で失敗したり、全然進歩がないように感じる事があって、やめちゃおうかな?って思う事も度々だけど、積み重ねた日々の経験は犬の中では減らないんだなあって思う。

だから歩み続けていれば、また積み重なって行く。
よくも悪くも積み重なるけど、悪い事を覆い隠すくらい、いい事を積み重ねたいね。

悪い事は決して消える事はないとしても、積み重なる事で堆肥になるかもね。




PR
この記事にコメントする
               
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧
パスワード   
* パスワードを設定するとコメントの編集ができるようになります。
無題
投稿者: ema 2008/11/17 11:38 編集
ぐっと心に響きました。
どうかすると投げ出してしまいたくなる自分の弱さを引き締めて、次に向かって歩くべきですね。
自分の短所がよく見えてしまったような気がして、ある意味チャンスかも。
地道な努力は怠らないようにしようと思いました。
続ける事
投稿者: saku 2008/11/17 14:25 編集
飽きっぽい私が何でこんなに続けられるんだろうって思う事があるけど、側にかわいい、飼い主の期待に応えようとする子がいるんだもん、止められないの。そして、彼らはすばらしい人たちとの出会いも運んでくれる。
人生の後半にこんな楽しいことがあったなんて、幸せ。
ほんとうですねえ・・
投稿者: matsumama 2008/11/17 19:53 編集
人生にこんな楽しいことがあったなんて!ボクサーに会うまでしりませんでした^^。

昨日は先生がSAKUさんの訓練が終わったあとに「選別も一人でやるなんてすごいな~」なんてお話してました。選別の2,3て受験できるんだもの・・私もすごいと感心します!!
フォルちゃんの服従をおえたあとの先生の「ちょっとアマっぽい甘いところがちょこちょこあったかな」と。
このチョコチョコ。。私にはまったくわかりませんでした(笑
先生とはさすがに先生であって、よく見てるなあと感心します。
私にはあの日のフォルと、SAKUさんはちゃんとやってる、きびきび動いてる。。っておもってましたからねえ・・・。

お互いにまだまだあきらめずがんばっていきましょ^-^!まだまだ始まったばっかりだ!っておもいます。それこそ犬に「こいつはまずいぞ!、やばいな。。」って思われたいですね(笑
まだそこまで思われてないですし(笑
アマ甘ですよん。
投稿者: saku 2008/11/17 21:54 編集
いつも言われてますよん、聞き飽きたわ、甘いって。
だいたい、愛咲のことで悩んでること事態、アマ甘でしょう?
私のあまあまが見抜けないなんて、ママさんもまだまだだわね(笑)。
冗談は抜きにして、お嬢様、お顔大丈夫でしたか?愛ちゃんはあまりやらないくなったんで、油断してました。すみません。
それにしても、犬の訓練ってほんと、楽しい!!
あはは
投稿者: matsumama 2008/11/18 07:50 編集
たしかにぃ。
愛ちゃんを預けてないことがアマアマかあ。。(笑
いや、それはSAKUさんが自分で訓練したい!!という気持ちが大きくなってきたから。。と思ってましたぞ。
でもやっぱ自分の犬だもん。
預けるのっていろいろ心配したりする点がでてきますよ。
私なんか一泊あずけるだけでも心配ですもの(笑
あまーい!
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright ©  -- dixsan4 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]