忍者ブログ
ここは、素人おばちゃん飼い主sakuと、sakuに飼われなければ優秀であったろうボクサー犬フォルテの訓練日誌です。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[02/11 具志堅一家]
[02/10 matsumama]
[02/10 saku]
[02/10 matsumama]
[02/09 saku]
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
saku
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は久しぶりの東京レッスン。
午後5時からです。
あいかわらず、早朝は絶対に避けている飼い主です。

まあ、暑くて、飼い主汗ダラダラ。
とてもフォルテについていけやしません。

今日のお題は脚側と正面停座。

スピードアップと正確さです。
フォルテの場合・・・脚側で止まるとすばやく座りますが、行進中の停座になるとスピードが落ちます。

もちろん素人目にはちゃんと座っていますが、違います。

これの原因として、脚側停座の時はすぐその後にボールが出てくることが多いけれど、行進中の停座はそのあと飼い主が離れるだけだから、褒美はない。

期待値が違うと。

フォルテは敏感な犬で、指導手のちょっとした動き、特に、ボールを出すときの動きにものすごく反応します。

全くボールを出す気がなくて、同じ動きをして制しようとしても、だまされません。
たぶん動きが違うんだろうと思います。


なので解決法として、必ず「よし」と言ってから解放することを徹底すること。

いつもボールの出し方をパターン化しないこと。


ついでに、いつもショートリードをつけているのですが、これをもっているときと持っていないときでは、動きが違います。

これも、いつもリードがはり気味で、フォルテにテンションがかかっているとの事。

矯正はすばやく、それ以外はちょっとも圧をかけないようにと。


さらに、休止。

休止をして離れるとき、飼い主の方向を反対を向いて休止させると、どうしても動いて飼い主の方へ方向転換します。

飼い主としてはかわいいのですが、動くのは厳禁です。

なので、最初から飼い主が離れる方向へ顔を向けて休止させろとのこと。

まあ、犬の背後に隠れることはないですからね。

それにしても、犬ってなんてけなげなんでしょうねえ。

今日はバンバン人が後ろや横を通ったけど、ちゃんと飼い主を見てる。

かわいいなあ・・。


PR
この記事にコメントする
               
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧
パスワード   
* パスワードを設定するとコメントの編集ができるようになります。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright ©  -- dixsan4 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]