忍者ブログ
ここは、素人おばちゃん飼い主sakuと、sakuに飼われなければ優秀であったろうボクサー犬フォルテの訓練日誌です。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[02/11 具志堅一家]
[02/10 matsumama]
[02/10 saku]
[02/10 matsumama]
[02/09 saku]
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
saku
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

競技会にでるとなると、正確な動きだけじゃなくて、犬が喜求的に動くというのが要求される。
そしてそう見えるには、テンション高く動く必要がある。

フォルテに関しては、ボールさえあれば、ほぼ練習ではテンションが上がるので、その動きを肯定すればいいだけだけど、愛ちゃんはいまいちテンションが低い。

まだまだ喜んで指示に従っているわけじゃないのはよくわかる。

この子の性格はハチャメチャだと思っている方もいるかもしれないが、意外と落ち着いていて、自分を忘れて夢中になるってタイプじゃないの。


そんでね、テンションも上がったり下がったり、結構ころころ変わるんだけども、飼い主側からテンションをあげてほしいとき。

犬と「励ます」んだって。

飼い主だけが騒いでもどうしようもなくて、「ほら、がんばってみな。楽しいよ」って犬を励ますんだそうだ。

防衛の初歩の練習のときは、リード操作が結構要求されて、リードは常にはっていなければいけない。
これは、飼い主が後ろについているっていう「励まし」を犬に伝える為なんだって。

だから、散歩中に他の犬にワンワン吠えちゃう子のリードをピ~ンと張っちゃダメなんだよね。
だって、吠えて威嚇しているのを飼い主が「励ましてる」わけだから。

同じ行為も、そのときの状況によって意味が違ってくる。
ああ、意味は一緒で価値が違うのか。
あれ、なんか表現がよくわからなくなっちゃったけど・・。

とにかく、テンション低い犬は、飼い主が励ましてあげよう。
「お前は出来る子だ!!」って。

犬って、結構手がかかるよね~。

PR
この記事にコメントする
               
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧
パスワード   
* パスワードを設定するとコメントの編集ができるようになります。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright ©  -- dixsan4 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]